レンズをマニュアルで撮影

奥の植物にピント

手前の網戸にピント(掃除しないと・・・・・・)

メガネをしないで見ているような写真を撮りたかったので、ピントをあえて甘くして撮影しています。

一眼レフのレンズを見てみると、【AF/MF】とオートフォーカスとマニュアルフォーカスの切り替えボタンがついています。

これをMF側に合わせてフォーカスリングを回して自分が合わせたいところにピントを合わせることができます。

教室でもお伝えしているのですが、意外と知らない方が多いです。

先ほどの網戸やフェンスなど、景色じゃなくフェンスにピント合わせたいのに合わない!なんてときにはマニュアルフォーカスにするといいです。

初心者の方に一眼レフとミラーレス、買うなら一眼レフをお勧めしていることの一つの理由がこれ。

ミラーレスはもともとお手軽に(シャッター押すだけ)撮れることを前提としているのか、レンズにこのボタンがついいないことが多いようで、メニューから入って行って設定をすれば撮れるものが多いです。

便利なボタンがメニューの中を入って行かないと設定ができなかったりするので、最初の一台は一眼レフがおすすめかな~と思います。

私がおすすめしているフジフィルムのXシリーズのミラーレスはこの【M/C/S】のスイッチをMにすればマニュアルで撮れますよ~。

というわけで、今日はレンズをマニュアルでのお勧めでした~。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA