フィルムとデジタルの使い分けとか

私は仕事ではほとんどデジタルで写真を撮っていますが、プライベートの作品撮りや日常のスナップなんかはフィルムで撮っています。

明るい時間帯はフィルム、夜になるとデジタルと割り切って使ったり、作品撮りでも他の家の猫さんを撮らせていただくときもデジタルです。

と書くと、フィルムは難しいと思われそうですが、難しいことは全然なくて、ただ、デジタルよりもできることが限られてしまうだけかなと思っています。

フィルムはISO感度を変えることができないので、そのISOで拾える光というのが変わってくるだけで、逆に撮れる光が少ないので露出が頭に入りやすかったりします。

露出など知らなくてもデジタルカメラやスマホのカメラなら押せば写る。

そう、シャッター押せば写るんです。

でもなぜその明るさで写すことができるのか、基礎を知ると写真はもっと楽しくなると思うんです。

そのあたりを伝えたくて教室をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください