旧・チャコールブルーの写真教室

フィルムカメラを使ってみよう!2/21(日)追加募集します!

フィルムカメラを使ってみよう!2/21(日)追加募集します!

「フィルムカメラを使ってみよう!」募集のおしらせ。

※2/28満席となりました。
※2/21追加募集いたします。(2021.2.7)

毎年人気のこちらの単発講座、今年も募集させていただきます。

【募集詳細】

「フィルムカメラを使ってみよう!」

募集人数 最大4名様 場所:FRAME*さん

時間10:30~15:00(終了時間は当日の人数や撮影の状況によって変動します。)
フィルムカメラについての基本的な使い方をレクチャーします。
フィルムを入れて、いざ撮影に!全員が撮りきったらお店に戻ってフィルムを巻き戻し、店長さんに現像&プリントのオーダー。

例年は皆様でランチに出かけておりましたが、今年は新型コロナのこともありますので、ランチはなしとし、1時間後くらいに再集合します。
写真の出来上がりを見ながら質疑応答。15時頃解散。といった流れになります。

持ち物:お持ちの方はご自分の35㎜フィルム1眼カメラ(機種名を教えてください)フィルムはみなさま同じものをこちらでご用意しますので、カメラの中に使いかけのフィルムがないようにご注意ください。

金額5800円 ※お支払いは現金かPayPayが使えます。

フィルム1本、現像&プリント(FRAME*セット
カメラ貸し出しを希望の方はプラス1100円となります。

一緒に撮影をしますので、大丈夫だと思いますがもし故障などした場合は修理代金を請求させていただきますのでご了承ください。

早く撮り終わった方は2本目のフィルムを使っていただいても大丈夫ですが、現像は各自FRAME*さんにご注文ください。

お申し込み
school☆charcoal-blue.com(☆を@に変えてください)

・お名前(フルネーム)
・ご住所(何県何市くらいまででも大丈夫です)
・年代(10代・20代・30代・40代・50代・ナイショ)
・ご連絡先のお電話番号(できましたら携帯電話の番号)
・お支払方法 お振込みor当日現金でのお支払い
・お持ちの一眼レフカメラの機種名(貸し出し希望の場合はお知らせください。)
・教室のことをどちらでお知りになられたかご記入いただけますと助かります

※48時間以内に返信をしております。届いていない場合はこちらからのメールが届いていない可能性があります。
迷惑メールフォルダーの中もご確認ください。

私自身がフィルムカメラが好きで、きほんクラスの講座の中に1コマフィルムカメラについて学んでいただく回を設けております。カメラの基礎を学んでいただく上で知っておいていただくと、デジタルのほうにも役立つと考えています。

最初からフィルムカメラで学ばれる方もいらっしゃいますが、授業の途中から、または卒業されてから興味を持ち始めたり、興味はあるのだけれど、何を買ったらよいかわからない。フィルムカメラって難しいんじゃないかな?と思われている方がとても多く、そんなことないです!といつも思っていました。

フィルムを入れるところから、ピントと露出の合わせ方、街を歩いて1本フィルムを撮りきって、フィルムの取り出し方までご一緒に。

皆さんで出来上がったプリントを見てオーダーによるプリントの違いなどを見ていただきます。皆様同じフィルムを使いますので、どんな違いが出るかお楽しみに!

そしてフィルムカメラをお持ちでない方には私のカメラを貸出しします!

ということでカメラのご紹介

ASAHI PENTAX SPOTMATIC  なんと1964年頃のカメラです。とある方に譲っていただき、メンテナンスをいたしました。
露出計がついています。やさしい雰囲気で撮れます。

こんなかんじ。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC F  1973年頃のカメラです。はじめて購入した1眼レフカメラで、こちらも露出計がついていてやさしい雰囲気で撮れます。

店長に色味を調整してもらってます。(そんなこともできちゃいます!)

Nikon FM2 1982年のカメラ。なんだか優等生といった感じの使い心地です。もちろん露出計もついています。
こちらは友人が使わないともったいないからと譲ってくれたもの!なんと太っ腹!大切に使わせていただいています。
写りはPENTAXよりしっかり目な感じがします。

ね、ちょっとPENTAXよりしっかりめ。

Nikon F2 こちらは1971年頃のカメラ。ファインダーを交換できて、こちらは上からのぞいて撮るファインダーのものです。

こんな感じです。テンションあがりますね~(笑)左右が反転して見えるので慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、いつもと違った感じで面白いです。ファインダーを変えると露出計が連動するようですが、こちらのウエストレベルのものは露出計は付いていません。

クリアな印象。

こちらは 「OLYMPSU OM-1N」オリンパスが1972年に発売したOLYMPSU OM-1の改良版で1979年に発売されたカメラです。

こちらも機械式と呼ばれるカメラで電気系統が通っていないので、露出計が壊れたり、露出計用の電池がなくなっても撮れちゃいます。

今まで紹介してきたカメラと大きく違うところはシャッタースピードのダイヤルがレンズとボディの間にあるところ。

よくあるパターンはこの写真のISO(ASA)のダイヤルのところがシャッタースピードのダイヤルなんですが、ピントもシャッタースピードも近いところにあるので使いやすいのかもしれません。

良い感じで撮れます。軽めなので最近よく使っています。ちなみにF1.4のレンズがついて39,800円+消費税でした。お買い得!

フィルムカメラに興味をもっている方に大変おすすめな単発講座ですので、気になっていた方は是非ご参加ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください