旧・チャコールブルーの写真教室

フィルムカメラを使ってみよう!WS受講生さんの作品。

フィルムカメラを使ってみよう!WS受講生さんの作品。

もう1か月前になりますが初めてフィルムカメラを使ってみよう!WSが開催されました。受講生さんの作品をご紹介。
まずはmilloさんの作品。

 

 

雰囲気ありますね~。こちらはFINLANDというカラーサンプル

ん?フィンランド?ってなるでしょうか?FRAME*さんではカラーネガの現像サンプルがあります。

このような感じで特徴的な色味にしあげていただけます。

カラーネガは露出寛容度(ラティチュード)が広いので、こんなことが可能なのです!

露出寛容度???となりますが、すごく簡単に言うとストライクゾーンみたいなもので、ストライクゾーンが広いんです。

さて次はKさんのお写真。

カラーサンプルはOXFORD

かっこいい仕上がり!Kさんは縦構図が多かったです。縦と横の構図でわかってくることもあって、教室ではそんなお話もさせていただいています。

そして次はYさんの作品

カラーサンプルは最近加わったALASKA。コントラストが強めのサンプルです。

すこーし画像が荒く見えるのはおきて破りの(笑)ハーフサイズカメラでのご参加でした。

35㎜フィルムで、24枚撮りのところ48枚撮れるのですが、サイズが半分になるので、すこし画質が落ちてしまいますが、味があって良いと思います。

そして最後はTさん

こちらはカラーサンプルにはない「店長お任せ」 で焼いてもらったもの。店長お任せにすると、店長が思う自然な感じで仕上げてくれます。

今回のWSはみなさん同じフィルム(FUJIのISO100のもの)を使って撮影していただいたのですが、4人が同じ場所に行って、撮るものも違いますし、焼き具合もこんなに変わります。

milloさん以外の3名様は初めてのフィルムカメラでの撮影で、ピントも自分で合わせるところや、シャッター音など新鮮だったようで、今度カメラを買いに行くのにお供させていただく方も。(別途費用頂戴しています)

当日貸出ししたカメラの感じが気に入って、同じものを買います!という方も。フィルム1眼は中古カメラやさんで50㎜位の単焦点がついて2万円くらいから買えますし、始めるには良い価格帯だと思います。

現像代とフィルム代もかかりますが、デジタルのように枚数を押さなくなると思いますし、使い分けて楽しく写真を撮っていただけるといいなと思っています。

そしてみなさんのお写真良いと思いませんか?みんなうまい!素敵な作品を見せていただいて幸せです~。

撮影だけでなく、撮影終わりに現像+プリントした作品を見せ合うのはとても刺激になったことと思います。

そして現像するまで写っているかドキドキ&仕上がりが想像以上に良かった!となるので(たぶん・笑)、教室でもカリキュラムに1回フィルムカメラについての回を設けています。デジタルの方にもフィードバックになっていると思っています。

2回目のWSの作品も届きはじめましたので、また近いうちにご紹介できればと思っています。

ご参加いただいた皆様、FRAME*さま、ありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください