旧・チャコールブルーの写真教室

存在感

存在感

良いなと思う写真を見たとき、そうでないものとの差はなんだろう?と考えていますが、そのひとつは『存在感』なのかもしれません。
Facebookのタイムラインに流れてきたとある方の写真を眺めていたとき、あたりまえだけど(カメラマン)写ってないなー。そりゃそうだ、撮ってるだからと思いつつ、いつもその撮り手がそこに居ることがわかる。
最初はその人を良く知っているからかなと思いましたが、好きな写真家さんや、プロアマ問わずいつも良いなと思う写真は誰が撮ったのかがすぐにわかります。
それが家族写真だったり、ペットの写真だったり、仕事の写真だったりしても。

なぜ「あ、あの人の写真だ」とわかるのか説明はできなかったけれど、撮り手の存在感が感じられる写真が良いなと感じているような気がして「存在感」という言葉がてもすとんと自分の中に落ちてきてすっきりしました。

私は存在感のある写真を撮れているかな?撮れるようになりたいな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください